スポンサーリンク

【ガジェット】PS4コントローラーを自分で修理してみた【DIY】

【ガジェット】PS4コントローラーを自分で修理してみた【DIY】 ガジェット

先日PS4で遊んでいるとコントローラーを操作していないのに勝手にキャラが走り出したり、カメラ視点が急にぐーるぐる。

そうPS4ユーザーほとんどの人が経験しているであろうコントローラーの故障の発生です(;´д`)

この症状これが初めてではなく何度も発生していて、しかも別に乱暴に扱っているわけでなく普通に使用していても頻発するんですよね。

私は今までこの症状が発生したらまずはコントローラーのリセットボタンを押して再起動して様子見して治らないようならコントローラー自体を買い替えていました。

一応修理に出すという手もあったのですが、修理って結構時間もお金もかかりますし何よりその間ゲームできないですからね!(; ・`д・´) ← 依存症

ただPS4のコントローラーって高いですし今回は修理に出してみようか悩んで調べていたところ結構安く簡単に自分で修理できる方法がある模様!

これはと思いダメ元で自分で修理してみたところ・・・コントローラーが正常動作しました!!!助かるう!( *´艸`)

正直私は不器用な方なのでできるか不安だったのですが、案外簡単にできてしまったので備忘録も兼ねてやり方をまとめてみました!

ただし一度でも自分で修理などを行ったコントローラーはメーカーのサポートを受けられなくなりますので、修理する場合は十分に考えたうえで自己責任で実施してください!!

スポンサーリンク

用意したもの

修理にあたって用意したものは以下のものです。

  • 修理するPS4コントローラー
  • 綿棒
  • 精密ドライバー(プラス・マイナス)
  • 接点復活スプレー

綿棒はコントローラーの左右スティックの根元の清掃に使いますが、できれば先端部分があまり柔らかくなく黒いものがいいかなと思いました。

先端部分が柔らかすぎると清掃時逆に埃が出てしまう場合があり、また黒色の方が汚れが見分けやすいです。

精密ドライバーはコントローラーのカバーなどを止めてあるネジを外すのに使います。サイズが合えばどんなものでも構いませんが、私はこういう作業用に持っている工具セットから選びました。

ちゃんとネジとドライバーのサイズの見分けがつく方はいいですが、素人は実際に合わせてみないとどのドライバーを使っていいかわかりづらいです。

ただ調べてみると何とPS4コントローラーなどの修理をする用の精密ドライバーセットが売ってありました(笑)

これ何がよさそうかってドライバーだけじゃなくてネジを外した後に実際にコントローラーのカバーを開ける際に隙間に挟むのに便利な三角ピックが付いているんですよね。

もし工具を何も持っていないよって方はこちらを購入すると必要なものが揃っているのでいいと思います。

最後に今回の作業で一番重要なアイテム「接点復活スプレー」。これは電気部品の接点に使うことで付着した汚れを除去し、電気的の流れを復活させることができるものです。

この接点復活スプレーをコントローラーのスティック部分にかけると接点の故障が直り、勝手にキャラが動いたり視点が動く故障が直ります。

手順

まずはコントローラーの裏面のネジを外していきます。

外したネジは無くさないように工具箱の隅などに入れておくと安心です!

ネジを外し終わったらコントローラーのグリップ部分2か所をそれぞれ引っ張って裏表カバーを外します。表カバーと裏カバーの境界を中心に上下に引っ張ると外れますが初回はかなり硬く結構力を入れないと外れませんでした。

裏表カバーが浮いたらコントローラー中心部分に隙間が空くのでそこにマイナスドライバーをねじ込むとカパッとカバーが外れてくれます。

カバーが外れたらゆっくりと表カバーと裏カバーを離していきます。カバーはそれぞれ配線でつながっているので一気に引っ張らないように注意が必要です。

次にカバーをつないでいる配線を外しますが、無理やり引っ張って破損しないように気を付けます。配線根元にはプラスチックの補助がついているのでそちらを引っ張ると比較的簡単に外せます。

カバーを分離できたら次に充電池を基板から外していきます。こちらも配線の根元の白い部分を引っ張ることで取り外すことができますが、結構硬いので勢い余って赤黒のケーブルを破損しないように注意が必要です。

充電池が取り外せたら基盤をカバーから浮かすために黒色のカバーを外していきます。中央のネジを外したら簡単にカバーも外すことができます。

黒色のカバーが取り外せたら次に基盤上部の茶色の配線を外します。これもプラスチック部分を引っ張ると簡単に外れます。

ここまで来たらスティックを押し込むだけで基盤がカバーから浮くようになるので、画像のようにカバーとスティックに指を当て押し込むようにして基盤を浮かせて手前にひっくり返します。(画像では片手ですが両手でやります)

このとき基盤とコントローラーのグリップ部分をつないでいる配線が破損しないように気をつけてください。

あとはスティックのカバーを外して清掃をしていきます。基盤に負担がかからないようにやさしく抑えて上に引っ張りあげるだけで比較的簡単に取れます。

清掃はスティックの根元部分の部品をぐりぐりしながら綿棒で埃などを念入りに取っていきます。この部分は意外にもの汚れが入り込みやすいようで私の場合飼っている犬の毛が入り込んでいました。

今回は使用しませんでしたが、エアダスターがあれば埃を一気に吹き飛ばすことができ楽に掃除ができるようなので余裕があればそちらの使用もおススメです。

綺麗に掃除できたら後は根元に接点復活スプレーを少しだけ吹き付けます。付属のノズルでできるだけ外に漏れないようにシュッと吹きかけスティックをぐりぐり動かして全体になじませます。

あとは逆の手順で配線やカバーを戻していきます。

最後にカバーのネジを閉める前にコントローラーの動作確認を行いましょう!

コントローラーの電源が入らなかったりLEDが光らない場合は配線を戻し忘れている可能性があるのでしっかりと確認後ネジを閉めましょう。

まとめ

PS4コントローラーの故障はかなり頻発する症状なので困っている人は多いと思います。

また純正コントローラー自体もかなりの値段がしますので今回の修理方法はかなり役に立つと思います。

ただ私が使用している感じ、修理後は正常動作していたものの1ヵ月ぐらいは同じ症状が再発したので完全に直るわけではないようです。

ただしまた同じ方法で修理したらまた正常動作してくれているのでどうせ買い替えるつもりならダメ元で今回の修理方法を試すのはコスパもかなりいいのでおススメです!

PS4コントローラーの故障で買い替え予定の方は是非試してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました