スポンサーリンク

【MHRise】全クエ制覇したので感想を書く

全クエ制覇したので感想を書く モンハンライズ

シリーズ最新作モンハンライズも発売されて1週間経ちましたが、皆さん楽しんでいますでしょうか?

私はとりあえず1週間かけて現状配信されている里クエ&集会所クエの全クエストをクリアしました!今作は前作MHW:Iとはまた違う新要素の翔蟲を使った多彩なアクションが多く、またswitchとは思えないほどのグラフィックも合わさって非常に楽しんでプレイできたと思います。

全クエストを終えたといってもモンハンはクリアしてからが本番なので、作品すべてを語ることはできませんが、ひとまずの区切りとして個人的に感じた今作の良かったところ、良くなかったところをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

良かった点

  • グラフィックがキレイ!
  • ロードが早い
  • クラッチクローアクションの削除
  • 翔蟲アクションが意外に使いやすい
  • ガルクで移動がスムーズ
  • 採取アクションの簡略化
  • 大型モンスターの状態アイコンが分かりやすい

グラフィックがキレイ!

もう拠点であるカムラの里自体からグラフィックが綺麗です!同じくswitchで遊ぶことができるXXも綺麗ではありましたがグラフィックが従来のモンハンから細かくなったという印象でした。

しかし今回のライズは前作MHW:Iのグラフィックを引き継いだような映像となっています。もちろんPS4とswitchの性能差としてどうしもMHW:Iの方が綺麗ではあるのですが従来のカクカクグラフィックではない細かい描写が楽しめます。

ロードが早い

とにかくロードが早いですね。前作は初期のPS4だと外付けSSDをつけていても探索に向かう際などは1分ほどロード時間があることもざらでしたが、今作は数秒でクエスト開始でき単純にストレスなくプレイできます。

もちろん前作は同じオープンワールド風なフィールドでもグラフィックの細かさや環境生物の多さなどロードに時間がかかる理由が多くあったわけなので単純な比較はできませんが、クエスト周回する際の長いロード待ちがないのはよかったです。

クラッチクローアクションの削除

前作で嫌われていた?要素のクラッチクローアクション。吹き飛ばしは個人的には好きでしたが傷つけシステムがプレイを強制していた感があり今作で削除されたことは良かったです。

またそれに伴い、みんな大好き弱点特攻も単純に有効部位に会心率50%に戻っています。まあ今回はスキル自体が重いのでお守り厳選を頑張らないといけないのですが(;´д`)

翔蟲アクションが意外に使いやすい

クラッチクローアクションが削除され、今作で追加された目玉要素の翔蟲アクションですが体験版での練習や公式、非公式のYouTubeで重点的に紹介されていたこともあり慣れるとマップ移動だけでなく戦闘中でも意外とすんなり使っていけました。

またクラッチクローと違い武器種にもよりますが使わないと絶対的に火力が落ちるというものでもなく使うと戦闘の幅が広がるという感じで良かったです。

ガルクで移動がスムーズ

従来のモンハンシリーズの特徴としてハンターの足が遅いのでマップ移動が長くめんどくさかったですが、今作では犬型オトモのガルクが追加され騎乗することができ、マップを高速で移動することが可能になりました。

前作でも一応モンスターライドというシステムがありましたが、大型モンスターがいる場所では怯んだり制限も多かったです。

今作のガルクは戦闘中でも問題なく騎乗でき、段差もある程度の高さならよじ登ってくれるので自由度がかなり高く移動にストレスを感じなくなりました。

採取アクションの簡略化

今作では鉱石や植物アイテムの採集アクションが一回で完了します!

従来の採取回数分モーションが入るのも雰囲気があって好きでしたがやはり1回でまとめて採取が完了するのは便利でした。

大型モンスターがマップ移動して追いかける際に今までであったら鉱石採取などをスルーしていましたが今作では移動ついでにさっとアイテム採集できるのはホントに助かります。

大型モンスターの状態アイコンが分かりやすい

捕獲クエストなのにモンスターが瀕死か分からず討伐してしまう経験ありますよね?

今作はモンスターの状態がアイコンとして画面上に表示されているのでそこさえ見落とさなければ明確に状態が分かります。

前作にも心音表示がありましたが、弱っているのか疲労しているのかわかりづらく正直使いづらかった印象です。

また瀕死状態のアイコンが付く際にオトモが捕獲できることを普通に教えてくれるのも親切設計でした(*’ω’*)

良くなかった点

  • ボリューム不足
  • メインストーリーが未完
  • ショートカット設定の改悪
  • アイテム売却操作の改悪
  • キャンプが少ない
  • キャンプ送りになったとき初期キャンプに戻される

ボリューム不足

一番初期の無印シリーズと比べるとどうか分かりませんが、最近のシリーズの中では圧倒的にクエスト数、モンスター数ともに少ない印象でした。

集会所クエストもどの星レベルも2ページ目までしかクエストが無くゆっくりやっていても既存プレイヤーで毎日やる人であれば2週間もあれば大体の人が全クエストをクリアできてしまうのではないでしょうか。

ただ既に追加モンスターのオオナズチなどが発表されていることからわかるように今後も前作のように追加クエストが増えていくことが予想されるので恐らくそれ前提のボリュームなんでしょうね。

そうなると最終的なボリュームは過去作と同様のものになるかもしれませんので、むしろゆっくりやっている人が取り残されない親切設計なのかも?

メインストーリーが未完

こちらも過去作ではなかったことなのではないでしょうか?

前作もラスボスが強くなって出てくるみたいなことはありましたが、初期配信クエスト内できちんとストーリーに一区切りがついていましたが今作はゲーム内で登場人物がまだまだ警戒しろみたいな雰囲気でストーリーが止まります(;^ω^)

モンハン自体ストーリーはいらないみたいに言う人もいるゲームなのであまり否定的になる点ではないかもしれませんが個人的にはストーリーを一区切りつけて欲しかったです。

あと今となっては前作のやらかしがちな相棒がいた方が物語を楽しめたのかなと思ったり(笑)

ショートカット設定の改悪

個人的に一番よくないと思っている点です。前作をプレイしたことがある人なら共感してもらえると思うのですが前作ではクエスト中に使用するアイテムや調合などをショートカット設定しておき、これをアイテムセットに紐づけて登録することができていました。

今作も同じショートカット設定があるので同様にアイテムセットと紐づけできるものと思いきや、なんと今作ではできません!

今作ではショートカット設定を4つ登録しておけるパレットが存在しこのパレットは最大4つまで登録することができます。

ただこのパレット、アイテムセットに紐づけて登録しておくことができないのです。このため剣士用のアイテムセットに剣士用のショートカット設定を登録し、ガンナー用のアイテムセットにガンナー用のショートカット設定を登録してアイテムセットを切り替えたらショートカット設定も切り替わるという従来の方法が使えません。

正直なんで前作の方法を削除したのか理解に苦しむレベルです。何か理由があるのでしょうか?

一応パレットの切り替えはオプションボタンを押してショートカット設定の項目からZLで編集を開きXボタンで入れ替えをすることができますが、こんなめんどくさいことをクエスト開始時点でやる人はいません。

今後のアップデートで改善されることを、切に切に願います。

本当に困っているのでもしやり方を知っている方がいらっしゃったら教えてほしいですm(_ _)m

アイテム売却操作の改悪

アイテムボックスからアイテムを売却する際、「アイテムの確認と売却」を開くとなぜか【A:並び替え】【Y:サブメニュー】の選択項目になっています。

この【Y:サブメニュー】を押すとなぜか調合か売却を選ぶ項目が出てくるので売却する場合こちらを選ぶか、もしくは【A:並び替え】を一度押した後、選択したアイテムと同じ場所でもう一度Aボタンを押すとYボタンを押したときと同じ調合か売却を選ぶ項目がでるのでそちらで売却を選択します。

これに関してもなんでこんな複雑なことにしたのか意味が分かりません。調合自体は別の項目が用意されているにも関わらず「アイテムの確認と売却」の項目で調合を選択項目に入れる意味はなんででしょうか?

まあ売却機能自体はそこまで使用頻度が高くないので分かっていればそこまで影響があるものではないですが直感的に操作がしづらいのは良くないです。

キャンプが少ない

前作と違いマップの複雑さに反してキャンプが初期キャンプと合わせて2つか3つしかありません。一応それを補うように大翔蟲がキャンプの近くに設置されていたりと配慮は見られますが逆にその要素を使ってほしくて意図的に減らしているようにも見え、多頭クエストなどは移動が面倒です。

キャンプ送りになったとき初期キャンプに戻される

やられなければいいと言えばそれはそうなのですが、体力0になりキャンプ送りにされたとき今作は初期キャンプに戻されてしまいます。

前作では倒れたエリアから一番近いキャンプに送られていたので復帰してすぐにモンスターのところにいけたのですが、今作は初期キャンプに送られるので復帰に手間取ります。

また前述のキャンプが少ない点も相まってますますモンスターのところに戻るのが手間なのです。大翔蟲やガルクがあるとはいえ正直前作の方が良かったと言える点です。

ゲーム全体の難易度について

個人的には最近のシリーズの中では比較的簡単であったと思います。

私はシリーズ経験の長さからいうと10年以上やっていますがプレイヤースキルとしてはそこまで高くありません。しかし今作では基本的にクエストはソロでクリアでき、上位クエストで手間取っても15針もあれば倒せてしまう難易度でした。

またマルチ推奨と思われる百竜夜行も頑張ればソロで戦えるようになっています。

新要素が多い今作ではそれらを利用することで非常に有利に戦闘を進めることができるようになっているので、ベテランハンターさんも初心者さんも新要素を使いこなしていくことが攻略難易度を下げるカギになると思います。

まとめ

綺麗なグラフィックに併せて新要素が無理なくアクションに組み込まれ非常に完成度が高い作品になっています。

またシステム面ではショートカット設定など少し残念な面も目立ちましたが全体的には狩りと関係ない要素が簡略化されよりストレスなくゲームを楽しめるようになっています。

ボリュームに関しては今後DLCが追加されるにつれ充実していくと思うので、素材集めやお守り厳選をしつつ楽しみにしていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました